2012年6月アーカイブ

ドラッグストア、病院はもちろん治験(CRA・CRC・QC・DM)、R&D(研究・開発)、薬事申請、管理薬剤師、DI業務、MRなどの転職情報から、転職をされるかたの能力にぴったりのしっくりくる職場をお見せします。
また、「ブランクOK!」「研修制度が整備された」「復職支援プログラムがある」など、再就職を支える求人情報も多数用意されています。
近年は調剤薬局や大学、リクルート会社が、転職希望者を対象に「処方箋の見方」、「薬歴記入(SOAP形式)」、「投薬・服薬指導」、「疑義照会」などを注意する講習会も実施されています。
さらに求人募集ならではのサービスとして、「日経DI(ドラッグインフォメーション)」などの専門誌や普通のネット人材紹介では公にされていない非公開求人が多数ある点も利点となります。
求人の募集背景や希望する人格、仕事環境、残業時間など直接応募では把握できない情報も手に入りますので、「いざ新しい職場に入ったら想像と違っていた」という入職後によくあるトラブルを最小限に抑えることができます。
加えてまだある優位な点は、要望通りの仕事が見つかったときに、業界に通じているプロのエージェントが、日取りの決定をはじめ、条件や休日、勤務形態等の待遇面での交渉をあなたに代わってやってくれるという点です。
あなたは今しているお仕事を継続しながら、希望条件に合った勤務先を見つけることができます。
転職サービス=キャリア10年以上ですぐに戦力になることが期待できる人材だけが登録する、というイメージを抱く方もいらっしゃいますが、現実にはそうではありません。
社会人になって2、3年目の人やアルバイトや短期で仕事したいと見据えている方も手軽にご利用になることができます。
この筋の専門家であるコンサルタントのカウンセリングをしてもらってみるとご自身では能力がないと感じていたキャリアの中から、武器を引き出してくれるはずです。
ぜひご自身に合うエージェントに出会って、可能性を広げてみませんか。


ドラッグストアの求人

このアーカイブについて

このページには、2012年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年4月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。