医師の失業

user-pic
0
よく「失業してしまった」ということを耳にしたことがあると思います。
しかし、その中では医師の失業は聞いたことはありませんよね。
医師も失業するのだろうか。
これは無いという結論にたどり着きました。年収2000万の現役医師と語り合い結論がでましたw
医師が今いる病院で、仲間や上の医師とうまくいかなくなって辞めたとしても、他の病院はすぐにみつかります。
医師不足とうこともあって、何処の病院でも医師がきてくれることを拒否はしないでしょう。
特別問題がある医師で無い限りは、受け入れてくれるのです。
それに、そうしたことがもう無理となった医師ならば、自分で開業するでしょうしね。
精神的な問題で医師を辞めざるを得なくなったという話であれば、失業ではなくてそれは本当にきっぱりと医師を辞めなければいけません。
失業と言う言葉は、医師の中にはありえないことなのです。
それだけ医師になるために努力してきた人たちですから、こうした特権のようなものもあるのでしょうか。
頑張る人間には、常に得がついてまわるのですかね。
今更、医師をうらやんでも仕方がありませんが、もう少し努力してれば僕の将来も変わっていたのだろうかと、時々考えてしまいます。
 
 

このブログ記事について

このページは、しんぺいが2017年3月 8日 17:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「特別な存在が必要?」です。

次のブログ記事は「いきなりのハードスケジュール(汗)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。